FC2ブログ

雷が鳴ったらへそを隠せ!!

inazuma_002_s2.jpg

http://kobe.travel.coocan.jp/akashikaikyo_bridge/thunder.htm より


みなさん こんにちは
春日居のPONIでございます(^-^)/


今日は先日素朴に思ったことが解決したので

その報告を(*・`ω´・)ゞ


最近、夕立が多く急に雨が降ったり雷が鳴ったりして

洗濯物の心配やその後の予定などがズレたりなくなったりして

残念な思いをしたこともあると思います。

夕立はあまり嬉しくない人が多い。。。かも??
(農家の方にとっては恵みの雨になることがありますよね)

その中で、僕が小さい時に両親や周りの大人に言われたある言葉を

思い出したのでその言葉の意味をお話ししたいと思います。


「雷が鳴ったらへそを隠せ!」

これです。

当たり前のようにそうしてきましたが何でそんな風に言うのか

考えたこともありませんでしたが、先日患者様とそんな話になり

理由を考えていたら・・・

その患者様が

「雷が鳴るってことは夕立が来る。夕立が来る前は気温がグッと下がる。

気温が下がると体が冷えて体調を崩しやすいからお腹を手で覆って温めなさい。」

おなかを手で温める=へそを隠す


という教訓だと教えて頂きました


「そうだったんだ!!!!」
と感動しました!


確かにそうですよね。おなかに手を当てると暖かいですよね。

納得です(;゜0゜)


ただ、これだけで満足しないのが僕なので

ネットで他にも理由があるか調べてみました(。>ω<。)ノ

そしたら興味深い諸説が出てきたので紹介します


①雷はより高い場所に落ちる
 へそを隠す(前かがみになる、うつ伏せになる)ことで
 自分の位置を他の物よりも低くして雷から身を守れ



②昔の人は着物も帯の中に財布を入れていたそうです。
 その財布の中に入ってる硬貨に雷が落ちることがあるという内容から
 手で財布を守ることで雷から身を守れ



さらに、余談ですが、へその下に「丹田」と言われる場所があります。

そこは人の体の中でも大切な場所になっていて(エネルギーが集まっているところらしい)
雷様がへそを取りに来るのは丹田を狙っているからだという説も昔の人たちに
信じられていたそうです。

昔の人は医学的な根拠がなくても感覚的にそう考えられていたそうです。

今の時代、そういう知恵袋みたいなことをあまり聞かなくなりましたが

もし他にも面白い知恵袋知っていたら是非教えてください(^∇^)ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

春日居のミッチー

Author:春日居のミッチー
春日居鍼灸整骨院のFC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
来院者~♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR